クラビット錠、米FDAが新たな副作用を警告

薬・病気の情報

スポンサードサーチ

クラビット錠、米FDAが新たな副作用を警告


【米国】フルオロキノロン系抗菌薬に安全性情報発出、新たな副作用の可能性に警告

クラビット錠(レボフロキサシン)などのフルオロキノロン系抗菌薬には、精神神経系の副作用の記載があるが、その内容は製品ごとに違っていた。今回の改定後は全てのフルオロキノロン系抗菌薬に低血糖性昏睡と精神神経系の副作用(注意障害、見当識障害、焦燥感、神経過敏、記憶障害、せん妄など)を必ず記載しなくてはいけなくなる。

2016年に急性副鼻腔炎や急性・慢性の気管支炎、合併症のない尿路感染症の患者にクラビット錠などを投与する場合は副作用のリスクがベネフィットを上回るために、投与すべきではないという警告が発令された。

しかし、まだ薬局に来る処方箋をみると、膀胱炎にはクラビット錠が処方されていることが多く見受けられる。今後、この様に膀胱炎に対してクラビット錠の処方は減っていくのだろうか?もう少し先の話になるが、日本でも膀胱炎にクラビット錠が当たり前ではなくなる日が来るのかも知れません。

もと記事は→こちら

このページ限定★BIGLOBE WiMAX 2+おトクな特典はコチラ>>

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

50代の薬剤師は「なぜ調剤薬局に転職したほうが良いのか?」この疑問を現役で調剤薬局で働いている薬剤師のたかひろが自信の経験をもとに転職を無料にてサポートする記事です。50代の薬剤師で転職の希望がある方のみ読んで下さい。

人気記事【勉強】調剤薬局薬剤師が絶対登録すべきサイト【3選】

人気記事50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

PAGE TOP