AmazonのAudibleを聞いてみた感想【時間のない薬剤師は知らないと損をする】

書籍

スポンサードサーチ

AmazonのAudibleを聞いてみた感想【時間のない薬剤師は知らないと損をする】

薬剤師歴26年の私がオススメするAmazonのAudibleというサービス
自身はKindle Unlimitedで毎月5冊以上は本を読んでいる自称読書家です
時間のない薬剤師は薬の本以外の本を読む時間を作ることはなかなか出来ません
しかしAudibleを使えばちょっとした隙間時間で本を読む(聞く)ことが可能になります

時間のない薬剤師「なかなか読書する時間が取れないな、隙間時間を使ったりとかながら読書する方法はないかな。」

こんな疑問に答えます

Audibleをオススメするたった1つの理由

Audibleをオススメするたった1つの理由

現在1ヶ月間無料サービス中

忙しい薬剤師でも隙間時間を使って本を読む(聞く)ことができる

今なら無料お試し期間中です!
この期間中に1度試してみましょう、合わなければ解約すればいいだけです
Amazon オーディブル 無料登録

現在1ヶ月間無料サービス中

通常は月額1,500円かかりますが、現在は30日間無料で本を聞くことができる

もし朗読の声が気に入らなければ本の交換も出来ます

サクッと登録して自分に合わなければ30日以内に解約すれば一切お金はかからない

通勤時間がある薬剤師にとっては人生を変える1冊の本にめぐりあえるチャンス

忙しい薬剤師でも隙間時間を使って本を読む(聞く)ことができる

通勤時間中に聞けるというのがAudibleの1番の魅力です

満員電車の中ではスマホを見るのも出来ないことがある

そんな時にイヤホンさえあれば聞けるAudibleは問題解決の全く新しいサービス

Audibleを使ってみた感想

Audibleを使ってみた感想
実際に聞いてみた感想

  • 話し方がゆっくり
  • 人間の声なので聞きやすい
  • 一時停止がとっさにできない

話し方がゆっくり

文章を読むのもゆっくり、間も十分にとっているため実際に本を読むより時間がかかる

2倍速で聞くと倍速に慣れていない自分は聞き取りにくかった、1.5倍速がちょうど良い

人間の声なので聞きやすい

人間が朗読しているため言葉がすんなりと入ってくる

ロボット音声だとイントネーションが違うため理解できないことがある

2倍速にすると人間の声ではなくなる、1.5倍速はギリギリセーフ

一時停止がとっさにできない

読んでいる時って、頭の中で本に書いてあることを自分に当てはめて考えているときは本を読むのをやめているじゃないですか。でも音声だと頭の中で考えている途中でも読み進めていってしまい、ちょっと巻き戻して聞いたりすることがあったんですよね

電車の中で聞いている時

今はコロナで電車の窓が空いているので、騒音がうるさくて音が聞こえない時があった
街中を歩いている時は全然平気なんですが、ちょっと何かに気を取られると、その部分だけ頭にはいってこなかったりすることがありました

しかし、メリットはそのデメリットを補うのに十分すぎるほどです

・移動中に本を読める
・家の中でお風呂中、トイレ中、料理中・食費中などに本を読める

隙間時間に本を読めることはあなたの生活を変えるのに十分すぎるメリットです

Audibleで薬剤師にオススメの本

Audibleで薬剤師にオススメの本

Audibleで薬剤師にオススメの本は何?

薬剤師になって3年目までに読んでおいた方がよい本

薬剤師になって3年目までに読んでおいた方が良い本
薬剤師デビューしたものの社会人としても1年目、わからないことだらけでしょう。これから薬剤師はコミュニケーション力の時代と言われています。対物から対人業務へとシフトしている真っ只中です。薬の勉強はもちろん、対人関係のコミュニケーションスキルも同時に磨くことが知っておくべきスキルとなるでしょう。

好かれる人のものの言い方 著者:西松眞子

投薬を始めるとコミュニケーション力が重要になります。第1印象よりも第2印象が大事という内容です。患者さんに投薬する際に気をつけなければいけない情報が満載です。例えば

挨拶の後にちょっとした声がけをする

これができない薬剤師が多い
患者さんから信頼される薬剤師を目指すあなたのプレミアムな1冊になること間違いなし

多動力 著者:堀江貴文

ホリエモンさんの中で1番最初に読んだのがこの本なんです。薬剤師という職業柄、患者さんに説明する際にもきちんとしたエビデンスがないと説明することができませんよね。しかし日常業務の中には、あれこれ考えるよりもまず行動してダメなところがあったら改善点を考える。まずは行動!

最初からできないと考えないで、とりあえずチャレンジしてみる。

在宅業務に二の足を踏んできる薬剤師の方には至高の1冊となること間違いないでしょう。


やり抜く人の9つの習慣 著者:ハオディ・グラント・ハルバーソン

目標設定のやり方を学べる本

目標を決めても続かない人や、どの程度まで行ったら目標を達成したかわからない人

まずは目標を具体的に決めよう。例えば

1ヶ月以内に小児の粉薬の体重換算表を作る
今週は降圧剤の添付文書を全部読んで用法・用量を覚える

など、目標はできる限り具体的に設定した方が良いんです
そもそも目標設定などしたことはない、という人には目からうろこの1冊となること間違いない

聞く力の教科書 著者:魚住りえ

患者さんから話を聞く力をつけたい薬剤師に最適

あまり話をしてくれない患者さん、必ず1人はいますよね。そんな患者さんへどのように対処していったら良いのかが書かれています。ほとんどの人は自分の話を聞いて欲しいと思っています。薬以外の話から、相手の興味を持っている話なら、話始めてくれるかもしれません。

それをきっかけに体調や薬の話に持っていけばいいんです。唐突に「肝臓の数値はどうでしたか?」など聞いても、「は?何いってんのこの人」と思われるのが関の山でしょう。「今日は暑いですね」など天気の話などから会話を始めるとスムーズに会話が進むんです。

この本でどんな患者さんとも話せるコミュニケーション力を身につけましょう



Amazon オーディブル 無料登録

薬剤師になって10年目までに読んでおいた方がよい本

薬剤師になって10年目までに読んでおいた方がよい本
3年目をすぎると後輩の薬剤師、つまり部下ができるようになります。今度は後輩に自分の培ってきた経験をマニュアルに落とし込んで教えていかなければいけなくなるでしょう。それを面倒くさいと思うかチャンスと思うかはあなた次第です。

チャンスと捉えて人を育てる勉強をはじめよう

最強の育て方 著者:世古詞一

日本の会社では面談をあまり行いません。習慣がないからです。
最強の育て方を読んで面談の重要性を理解して、そして実行してください。
特に薬局長は、面談をする、しないでは部下からの信頼が大きく変わるでしょう。

「あの人何考えてるかよくわからない・・・」スタッフにこんな言葉を囁かれないようにコミュニケーションを密にとっていきましょう。
患者さんとのコミュニケーションが十分に取れているならスタッフとのコミュニケーションもとれるはずです。自信を持って面談に臨みましょう。

メモの魔力 著者:前田裕二

この本を読むまではメモってとったら終わりで、用が済んだら捨ててしまうものという認識でした。
しかし読んだ後は考え方が変わります。まるで今までのメモへの考えが180度変わるような体験をこの本はあなたにもたらしてくれるでしょう。

メモはとることが重要ではない、とったあとに考え、発展させることが重要なのである。

この本を読み終わった後、あなたは新しいメモ帳というアイテムを手に入れるに違いありません。

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術 著者:三木雄信

著者の三木さんはソフトバンクの孫さんの部下だった人です。その時の体験が書いてありますので毎日の業務でできることが満載で書いてあります。
例えばPDCAを回すことは当たり前になっていますが、Pに時間がかかってしまう方も多いのではないでしょうか。
自分もその1人でした、この本を読む前は。

PはなくてもいいDから始める

この本を読んだ後は、とにかく実行することが重要という考え方があなたの頭の中に生まれます。


たった1日で声までよくなる話し方の教科書 著者:魚住りえ



Amazon オーディブル 無料登録

薬剤師になって10年目以降に読んでおいた方がよい本

薬剤師になって10年目以降に読んでおいた方がよい本

嫌われる勇気 著者:岸見一郎、古賀史健

薬局長などの管理職になってくると、スタッフに注意しなければならないこともあります。
注意するときに怒りの感情があってはいけません。
この本は心理学を会話形式で分かりやすく書いてあります。
そしてあなたは気づくでしょう、アドラー心理学を実行する難しさを。

しかし意識することであなたの毎日の行動が少しずつ変化していくでしょう、いい方向に


破天荒フェニックス 著者:田中修治

経営者は何を考え、どう行動しているのか?それがわかるドキュメンタリーな本です。
経営者を理解することで、あなたが薬局長として次に行うべき業務が見えてくるでしょう。
従業員でありながら経営者の発想を持つ、薬局長に重要な視点です。

この本を読むことであなたの薬局はさらに発展するに違いありません。


医者が教える食事術 著者:牧田善二

50歳を超えてくると体に無理が効かなくなってきます。
30代であれば徹夜しても次の日の業務に影響はなかったはず、しかし40代、50代になると体のあちこちにも不調が出てきます。
今まで意識していなかった「食事」を見直すことで体の調子が整えられます。
特にこの本では糖質制限について書かれています。

意外な食事に糖分が多く含まれていることが分かり目から鱗の内容です


生き方 著者:稲盛和夫

稲盛さんの本は色々と読んできましたが、この本は生きていくうえでの人間の本質に気づかされる本です。
毎日どうやって生きていくべきなのか、どう考えたらより良い人生になるのか。
この本を読むと毎日の患者さんとのちょっとした会話や接遇に少し違いが出てくるかもしれません。

あなたの心がまえが違ってくるのです。

さあこの本を読んで人生の羅針盤を手に入れましょう。

さあ、Audibleデビューをしましょう!

さあAudibleデビューをしましょう
無料体験はこちらから、今すぐ登録→Amazon オーディブル 無料登録

50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

50代の薬剤師は「なぜ調剤薬局に転職したほうが良いのか?」この疑問を現役で調剤薬局で働いている薬剤師のたかひろが自信の経験をもとに転職を無料にてサポートする記事です。50代の薬剤師で転職の希望がある方のみ読んで下さい。

人気記事【勉強】調剤薬局薬剤師が絶対登録すべきサイト【3選】

人気記事50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

PAGE TOP