【簡単解説】糖尿病とはどんな病気?原因と予防【薬剤師が解説】

糖尿病 薬・病気の情報

スポンサードサーチ

【簡単解説】糖尿病とは?どんな病気【薬剤師が解説】

先日下記のツイートをしました

    20年前の自分に言いたい
    ✅コカコーラ✅ポテトチップス✅カップラーメン
    これだけは止めておけ。
    そうすればあと10年糖尿病になるのを遅らせることが出来たかもしれない。
    糖尿病になってから止めても遅いんだ。

自分も20年前は「糖尿病?自分には関係ないわ」と思っていました

現在糖尿病になっていない方も同じ考えでしょう
しかし自分自信を知っていれば糖尿病になるのを遅らせたり防ぐことが出来たと思います
まずは糖尿病の基礎の基礎から学んでいきましょう

この記事を書いた人

    薬剤師歴26年、糖尿病歴16年の現役薬剤師
    自身も糖尿病にかかっているが、糖尿病になる人が一人でも少なくなるよう今までの経験をもとに糖尿病患者を一人でも減らせるように活動しています

健康診断で血糖値が高く医者から糖尿病に注意して下さいと言われた方 「糖尿病に気をつけろって言われたけど何に気をつければいいんだろう?そもそも糖尿病ってどんな病気なんだろう?」

こういった疑問に答えます

この記事でわかること

  1. 糖尿病の種類
  2. なぜ糖尿病になるのか
  3. 糖尿病にならないためには

糖尿病の種類は?

糖尿病の種類は?

糖尿廟にはどんな種類があるのでしょう

  1. 1型糖尿病
  2. 2型糖尿病
  3. 妊娠糖尿病

1型糖尿病

 すい臓からインスリンが出なくなる病気

2型糖尿病

 すい臓からのインスリンのでが悪くなる病気
 インスリンの働きが悪くなる病気

妊娠糖尿病

 妊娠中に糖尿病になってしまうこと

インスリンの働き

インスリンの働きは血液の中にあるブドウ糖を血管の外に運び出すことです
そして筋肉やその他の細胞でブドウ糖が燃料として使われます。
余ったブドウ糖は中性脂肪として蓄えられます

スポンサードサーチ

なぜ糖尿病になるのか?

  1. すい蔵からインスリンの出が悪くなる
  2. インスリンの働きが悪くなる

インスリンの出が悪くなる原因

インスリンの出が悪くなる原因

人はすい臓から出せるインスリンの量が生まれた時から決まっています

親族に糖尿病の人がいる場合は自分のインスリンの量も少ないかもしれないので注意です。

簡単な例で例えてみましょう
例えば
Aさんは生まれた時にインスリンを100万個持っていたとします
Bさんは生まれた時にインスリンを1000万個持っていたとします

1年に10万個インスリンを使った場合
Aさんは10年でインスリンがなくなってしまいます
Bさんは100年でインスリンがなくなってしまいます

Aさんは人生の途中で糖尿病になります

Bさんは死ぬまで糖尿病になりません

では同じインスリンの量を持っている場合ではどうでしょう

簡単な例で例えてみましょう
Aさんは暴飲暴食をして1年に10万個のインスリンを使っていました
Bさんは節制して1年に5万個のインスリンを使っていました

Aさんは10年後に糖尿病になります

Bさんは20年後に糖尿病になります

糖分を摂り過ぎるとインスリンを多く使ってしまいますので糖尿病になる確率が高くなるのはこの理由のためです

自分の持っているインスリンの量はわかりませんので、暴飲暴食をしないで糖尿病にならないように、また糖尿病になるのを遅らせるようにしましょう、ということなのです

スポンサードサーチ

インスリンの働きが悪くなる原因

インスリンの働きが悪くなる原因
インスリン抵抗性が高くなるとインスリンの働きが悪くなります

インスリン抵抗性とはなんでしょう?

肥満になるとインスリンが血液から血管の外に糖分を運ぶのを邪魔するようになります

これを専門用語で「インスリン抵抗性」と言います

体がこの状態になるとインスリンがきちんとすい蔵から分泌されていても、インスリンがきちんと働けなくなります

その結果糖尿病になってしまいます

これが糖尿病になってしまう2つ目の原因です

糖尿病にならないためには

糖尿病にならないためには

糖分を余分に取らないこと

運動して糖分を使うようにする

この2つだけです
とてもシンプルです

しかし実行するのは難しいです

    世の中には食べ物があふれています
    運動するよりスマホやテレビの方が楽しいです

これが糖尿病が生活習慣病と呼ばれる理由です

スポンサードサーチ

糖尿病を簡単にまとめると

なぜ糖尿病になるのか

  1. インスリンの使いすぎ
  2. 肥満になるとインスリンの働きが悪くなる

糖尿病にならないためには

  1. 余分な糖分を摂らないようにする
  2. 運動で糖分を消費する

ということです

糖尿病にならないようするのは説明するのは簡単です

糖尿病にならないように実行するのが難しいのです