薬剤師が個人薬局に転職はありか?【結論:ありです】

薬剤師転職

スポンサードサーチ

薬剤師が個人薬局に転職はありか?【結論:ありです】

個人薬局に転職を考えている薬剤師「個人薬局に転職しようか、大手の調剤薬局に転職しようか迷うな。試しに働ければいいんだけれどそうもいかないし、どんな違いがあるんだろう?」

個人薬局に転職するのはありです。

しかし人によります

個人薬局が向いている薬剤師

  • 子育て中で自宅の近くで働きたい薬剤師
  • 定年退職したあとパートで働きたい薬剤師
  • 趣味などに時間をさきたい薬剤師

個人薬局が向いていない薬剤師

  • 新卒の薬剤師
  • 色々勉強したい薬剤師
  • 企業で出世したい薬剤師

目次

個人薬局に転職するメリット

個人薬局に転職するメリット

自分の意見や案が通りやすい

何か提案をするときに通りやすいのは個人薬局です

大手チェーン薬局の場合

・店舗内にかかあることであれば薬局長の許可だけでOK
・全店舗に関わるシステムなどは薬局長よりもさらに上の上司、部長や理事にも許可が必要

具体例をあげると

  • レセコンや薬歴の種類
  • 分包機の導入
  • 調剤報酬改定の時の会社の方針

これらを個人が決定することはできません
個人薬局の場合

薬局長=経営者のパターンが多い

レセコンや薬歴など新しいものの導入時
「このメーカーにしたいのだけれどもどう思う?」
など相談されることもあります。

調剤報酬改定の時
「この加算は後これとこれをやれば算定できるので実施してもいいですか」
など意見を言いやすい環境にあります。

大手のチェーン薬局では上からトップダウン
「1人20人以上はかかりつけ薬剤師になって加算をとるように」
と指示が来ます。

患者さんの投薬に全力をそそぎたい薬剤師

会社のシステムの決定に関わりたくない薬剤師は大手チェーンの調剤薬局がおススメです。

将来独立したい薬剤師

薬局のシステムの意思決定に関わって勉強するのであれば個人薬局がおススメです。

患者さんとの関係を密にすることができる

大手でも個人薬局でも変わらないと思われがちです。

しかし大手には転勤や移動があります。

せっかく仲良くなった患者さんと離れて、新しい店舗でまた一から患者さんとの関係を作っていかなければいけません。

個人薬局では転勤・移動はないため、患者さんとの信頼関係を積み上げていくことができます。

新たな人との出会いがないとつまらない、刺激がないと言う薬剤師は個人薬局は向いていません。逆に大手の方が向いています。

若いうちは色々な薬局でいろいろな処方せんで勉強して、ベテランになって個人薬局で働くのもありです。

薬局の経営について学ぶことができる

個人薬局だと経営者=薬局長が身近にいます。

ぬすもうと思えばいくらでも経営者の考え方を盗めるでしょう。

経営について疑問に思ったことを質問する機会も毎日あります。

大手チェーンの調剤薬局では社長に会えるのは1年に数回、話ができることなど役員にならなければできません。

将来中規模のチェーン薬局の経営を目指しているなら、大手チェーンの調剤薬局で部長クラスを目指すのもありです。

とはいえ個人薬局の経営を目指す方の方が圧倒的に多いでしょうから、最初から個人薬局で働いて経理者のマインドを身につけた方が早くゴールにたどり着けるでしょう。

スポンサードサーチ

個人薬局に転職するデメリット

個人薬局に転職するデメリット

人間関係が悪くなると転職することになる

薬局長とあなたの2人しか薬剤師がいなかった場合、薬局長と意見が合わない場合、あなたが退職するしかありません。経営者が身を引いたらその薬局は閉局になってしまいます。

転職の面接で注意すべきこと

余談ですが私は転職者の面接も行っています
面接するときにチェックする項目で

・転職したのにすぐまた転職している

薬剤師には注意をします。
転職の理由が

  • 人間関係が原因で転職をした
  • 最初の労働条件と違っていた

という薬剤師です
本人からすれば相手に非があると思っていますが、面接中に本人から話を聞いて客観的に見ると

「あなたに非があるよね・・・」

と心の中で思うこともしばしばあります。

転職の面接の際に、前の職場をやめた理由を、人間関係、労働条件にしないことをお勧めします。

面接官はトラブルの原因になる薬剤師を採用しないよう最大限の注意をはらっています。

最初は仕事ができなくても真面目にコツコツやってくれればそれでいいのです。

就業規則などがなく残業の時給や育児休暇などがあいまい

個人薬局では就業規則がないところが多くあります。

就業規則は従業員をしばるためのものではなく、従業員を守るためにあります。

残業の時給などは計算方法も書いてあります。これがないと残業しても時給800円で計算されたりして散々な目に合ってしまいますので注意です。

退職金にも注意が必要です。

就業規則があれば5年働いたら基本給の100%など記載があるので、その記載の金額を受け取ることができます。

個人薬局でよくあるのは経営者のお気に入りの薬剤師が辞める場合は退職金が100万円でたとあなたが小耳に挟んだことがあるとします。

しかしあなたが退職するときに5万円しか退職金をもらえなかったらどうでしょう。

「前の人は100万円もらったと聞いていましたが」

問い詰めても「うちは5万円って決まっている。前の人のことは個人情報だから教えられない」と言われてしまえば終わりです。

個人薬局でも就業規則を作っているところはありますので、ある場合は入社前に一度見せてもらうことをすすめます。

就業規則がない場合

  • 有給休暇
  • 育児休暇
  • 交通費
  • 残業代(計算方法)
  • 介護休暇
  • 退職金

自分に関係しそうな項目は確認しておいた方が良いでしょう。

とはいえ、あまり聞きすぎると「めんどくさいやつだな」と思われてしまい面接に落ちると言う結果になってしまいますのでほどほどにしておきましょう。

門前の診療所の処方箋以外ほとんどこない

コロナウイスルの0401対応で以前よりは面で処方せんを受ける機会が多くなっています。

しかし門前の医院の処方せんが多いのではないでしょうか。
個人薬局の門前の医院は単科の医院が多いため処方せんも医院の診療科にかたよります
内科ならまだしも

  • 整形外科
  • 眼科
  • 皮膚科

だった場合は2〜3年もたつと学べるものが少なくなってしまいます。

大手チェーンの調剤薬局の場合は大学病院の前にも必ず出店していますので、色々な科の処方せんも来ますし、抗癌剤の処方せんや難病指定の病気の処方せんも来ます。大学病院の前の調剤薬局に入れば学ぶ環境には困らないでしょう

大手チェーン薬局と個人薬局の違い

大手チェーン薬局と個人薬局の違い

転勤がない

大手チェーンは薬局が全国にありますので転勤や店舗の移動、店舗間のヘルプがあります。

ヘルプは休んだ薬剤師の代わりに行くことになりますので、朝当然「〇〇さん、今日は〇〇店にヘルプお願い!」と頼まれることもあります。

全国展開しているチェーン薬局では転勤OKな場合は給料が高く設定されています。転勤なしの希望で働くこともできますが給料が安くなってしまいますので予め確認しておいたほうがよいでしょう。

個人薬局の場合は1店舗しかなければ転勤はありません。2店舗以上ある場合は転勤の可能性がないとはいえまえんので注意しましょう。

しかし個人薬局の場合はほとんど事前に相談があると思います。

条件によって転勤する・しないを決めれば大丈夫です。

薬局長になれない

経営者が薬局長の場合は薬局長になれない可能性が高いです。

大手チェーン薬局の場合は店舗がたくさんありますので薬局長や主任、またはエリアマネージャーや部長と昇進できる可能性があります。

役職がつくことで給料もあがっていきますので個人薬局の場合は大幅な給料アップは期待できません。

出会いがない

個人薬局の場合は職場で出会いはほとんどありません。

薬剤師・事務を含めほとんど固定だからです。

これに比べて大手チェーン薬局の場合はドラッグストアなども含めれば薬剤師・事務・登録販売士・パートなどの人がいます。とくにパートは入れ替わりがちょくちょくありますので、人と出会える可能性は高いです。

スポンサードサーチ

個人薬局に転職はありです

個人薬局に転職はありです
ただし環境によります

個人薬局が向いている薬剤師

  • 自分の意見が通りやすい環境がほしい
  • なじみの患者さんをつくりたい
  • 薬局経営について学びたい
  • 転勤、移動したくない薬剤師
  • 出世を望まない薬剤師

個人薬局が向いていない薬剤師

  • 良好な人間関係をつくるのが苦手な薬剤師
  • 育児休暇、介護休暇をとろうと考えている薬剤師
  • いろいろな診療科の処方を学びたい薬剤師
  • 出会いを求めている薬剤師
  • 出世したい薬剤師

個人薬局の転職につよい転職会社
ファゲット
ジョブデポ薬剤師
ファルマスタッフ