新人薬剤師が読むべき本22選【2020年版/お悩みの薬剤師へ】

薬剤師趣味

スポンサードサーチ

新人薬剤師が読むべき本22選【2020年版/お悩みの薬剤師へ】

この記事を書いた人
薬剤師歴26年
数々の薬学書と実用書を読んできた
現在は調剤薬局の薬剤師兼クリニックの事務長をやっている

新人薬剤師「薬剤師として就職したが、何をどうやって勉強すればいいの?
先輩薬剤師は忙しそうできけないし・・・
だれか読んだ方がいい本教えてくれないかな」

こんな疑問に答えます

3つに分類して紹介していきましょう

  • 薬剤師として読んでおいた方がいい本
  • 社会人として読んでおいた方がいい本
  • 私が個人的にオススメする本

薬剤師として読んでおいた方がいい本

薬剤師として読んでおいた方がいい本

薬剤師が最初に読むべき本は添付文書です(本ではないですが)

薬局で働きはじめて最初にやることは

  1. 薬局の薬の在庫のリストをもらう
  2. 1つ1つ添付文書を読む
  3. 調剤した薬で印象に残っている薬剤の添付文書を読む

添付文書の中で覚えるべき順番は

  1. 薬効
  2. 用法・用量
  3. 相互作用・副作用
  4. 薬理作用・薬物動態

始めは1、2だけ覚えれば投薬はなんとかなります

これだけは薬剤師に必須!便利な本

治療薬マニュアル・今日の治療薬など

治療薬マニュアルはオンライン版もついてくるので便利

「治療薬マニュアル」と「今日の治療薬」の比較はこちら
【どっちを】2020年版 治療薬マニュアルと今日の治療薬の比較【買う?】

添付文書集は携帯アプリのヤクチエ添付文書が超便利

ヤクチエ添付文書のダウンロードはこちら
昔は添付文書を山のように自宅に持ちかえって勉強したものですが便利な世の中になりました

図解入門よくわかる薬理学の基本としくみ

薬効と用法・用量を覚えたあとに薬理を理解するための本です

薬効別に薬理作用を頭に入れてから薬剤特有の薬理作用を細かく覚えると覚えやすい
森を見わたしてから個々の木を見ていくイメージです
※家の中を探したのですが10年以上前に購入した本で見つかりませんでした。

薬の相互作用としくみ

相互作用がなぜ起きるのか?を理解するための本です

かなり細かく載っているので添付文書を見ていてわからなかった相互作用が出てきたら調べる、という使い方がオススメです
この本があれば他の相互作用の本は不要です
薬の相互作用としくみ_表紙
薬の相互作用としくみ_内部
薬の相互作用としくみ
※2016年に最新の改訂版が出ていて表紙は違いますが同じ本です

薬がみえるシリーズ

カラーの図解でわかりやすく詳しく載っている

Vol1=Vol4まで発売されています
Vol1には循環器が含まれているためVol1から購入するのがオススメです
薬がみえるVol1_表紙
薬がみえるVol1_内部
薬がみえるVol1
薬がみえるVol2
薬がみえるVol3
薬がみえるVol4

スポンサードサーチ

社会人として読んでおいた方が良い本

社会人として読んでおいた方がいい本

入社1年目ビジネスマナーの教科書

言葉使いをはじめとして社会人としてどうなの?という薬剤師にならないように一般常識が身につきます

薬剤師といえども社会人1年生です
患者さんや同僚だけでなく、薬局に出入りする業者の方、MRなどいろいろな人と接します

まんがでわかる7つの習慣

ビジネス書の7つの習慣をまんがでわかりやすく説明

バーテンダーの女の子を主人公にして気づきを得ていく物語
読み終える頃には人生の羅針盤が見えてきます
まんがでわかる7つの習慣
まんがでわかる7つの習慣_内部
まんがでわかる7つの習慣

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

投薬のときに患者さんの顔のちょっとした変化に気づくようになる

薬の説明がわからなかったときにちょっと眉をよせる、「もう1回説明した方がいいな」と気付けるようになります
人と話している時も、相手のしぐさで本音がわかるようになってしまう
人生においてとても有用な本です。
FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学
FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学_内部
FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

私が個人的にオススメする本

私が個人的にオススメする本

病気がみえるシリーズ

薬剤師として勉強が不足になりがちな病態について理解できます

調剤薬局で働いていると病院で働くのと違って患者さんの1番悪い状態を見ることができません
臨床経験がつめません
少しでも病態を理解することで患者さんが今までどんな治療や手術をしてきたかがわかり患者さんの話に共感できるようになります
「あの検査つらいですよね」などとあたかも自分も検査を受けたような受け答えができるようになります。
現在Vol12まで発刊されています
自分の薬局の患者さんに合わせて購入していった方が良いでしょう
病気がみえるシリーズ
※Vol1はそうとう昔に買ったので表紙が違ってます
病気がみえるシリーズ_内部
病気がみえる Vol1 消化器
病気がみえる Vol2 循環器
病気がみえる Vol3 糖尿病・代謝・内分泌
病気がみえる Vol4 呼吸器
病気がみえる Vol5 血液
病気がみえる Vol6 免疫・膠原病・感染症
病気がみえる Vol7 脳・神経
病気がみえる Vol8 腎・泌尿器
病気がみえる Vol9 婦人科・乳腺外科
病気がみえる Vol10 産科
病気がみえる Vol11 運動器・整形外科
病気がみえる Vol12 眼科

ねじ子のぐっとくる体のみかた

医師が診察で患者さんの体を診るときにどういう風に見ているのかがわかります

オススメの部分は顔のリンパ節の流れのページ
あなたもこれで小顔マッサージの方法がわかりますよ
ねじ子のぐっとくる体のみかた
ねじ子のぐっとくる体のみかた_内部
ねじ子のぐっとくる体のみかた

スポンサードサーチ

ベテラン薬剤師が新人薬剤師にオススメする読んでおくべき本

ベテラン薬剤師が新人薬剤師にオススメする読んでおくべき本
いかがだったでしょうか

さっそく1冊ポチっておきましょう

この本たちがあなたの財産になることは間違いありません
もう一度リストを載せておきますね

薬剤師として読んでおいた方がいい本

社会人として読んでおいた方が良い本

私が個人的にオススメする本

関連記事

【どっちを】2020年版 治療薬マニュアルと今日の治療薬の比較【買う?】