失敗しない薬剤師の転職サイトの断り方【例文あり】

薬剤師転職

スポンサードサーチ

失敗しない薬剤師の転職サイトの断り方【3つあります】

転職希望の薬剤師「転職サイトを利用して転職先が決まったけど登録した転職サイトはどうすればいいんだろう」

こんな疑問に答えます。

転職サイトの断り方について解説

  • 転職サイトの担当者に電話する
  • 転職サイトの退会用の窓口又は問い合わせフォームからメールで連絡する
  • そのまま放置する

転職サイトの担当者に電話する

転職サイトの担当者に電話する

担当者に連絡するのが一番早いです

「大変申し訳ないのですが他社で転職先が決まったので転職活動を終了します」
と一言伝えるだけで大丈夫です

担当者から「どこの薬局に決まったんですか?」などと聞かれますが、教えたくないのであれば「大変申し訳ないのですが、お教えできません」など答えておけば良いでしょう。

担当者が「何で教えてもらえないんですか?」などと食い下がったら「教えたくないので・・・」で大丈夫です。教える義務はありませんのでうまくかわしましょう。

次回転職時に同じ転職エージェントにあたってしまったら嫌だなと思うかも知れませんが、転職エージェントは星の数ほどいますので、同じ担当者に当たることは稀です。

もし同じ担当者に当たってしまったら担当者を変えてもらえばいいだけなので気にする必要はありません。

退会用の窓口から連絡する

退会用の窓口から連絡する

担当者と直接話をするのが気まずいと思うなら

退会用の窓口から連絡を入れた方が良いでしょう。

メールの文章はどうすればいいの?

という方に対して例文を載せておきますのでコピペして使えば大丈夫です。

〇〇会社
〇〇 様

お世話になります。〇〇です。

私の条件に合った求人を紹介して頂き、誠にありがとうございました。

おかげさまで無事転職先が決まりましたので転職活動も終了することになりました。

〇〇様には色々な転職先をご紹介して頂き、お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。また転職することがありましたら、求人のご紹介をいただけましたら幸いです。

何卒宜しくお願い申し上げます。

〇〇 〇〇

ポイント

転職エージェントの人には色々動いてもらいましたが、結局紹介できなかったため、転職エージェントの報酬はゼロ円となります。

転職エージェントには「ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えることができれば良いでしょう。

退会用の窓口がなければ、問合せフォームからで大丈夫です。

転職先が決まったのに転職エージェントの人に連絡を入れないでいると、担当の転職エージェントに無駄な労力を使わせてしまいます。

すぐに連絡を入れてあげましょう。

そのまま放置する

そのまま放置する

これは一番やってはいけません。

転職エージェントの方もあなたと同じ人間です。

今まであなたのために動いてくれましたので最大限の感謝の気持ちと礼を持って対応しましょう。

とはいえ転職会社は沢山ありますので、もうこの転職会社は使わない、と思えば放置しても構いません。

しかし、そんな人間が患者さんの命を預かり調剤・監査・投薬をすると思うと自分が嫌になると思いますので絶対にやらないで下さいね。

転職サイトの断り方まとめ

転職サイトの断り方まとめ

  • 担当者に直接電話をして断る
  • 転職サイトの退会用の窓口又は問い合わせフォームからメールで連絡する
  • 放置する(絶対にしてはいけません)

人気記事

【現役薬剤師がオススメ】転職サイト 15選【2020年度完全版】

50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

50代の薬剤師は「なぜ調剤薬局に転職したほうが良いのか?」この疑問を現役で調剤薬局で働いている薬剤師のたかひろが自信の経験をもとに転職を無料にてサポートする記事です。50代の薬剤師で転職の希望がある方のみ読んで下さい。

人気記事【勉強】調剤薬局薬剤師が絶対登録すべきサイト【3選】

人気記事50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

PAGE TOP