ビラノア錠20mgの飲みかた【なぜ食前?】

薬・病気の情報

スポンサードサーチ

ビラノア錠20mgの食事の影響【食後投与はダメ】

先日ビラノア錠20mgの勉強会に参加しました。

食事の影響を受けやすいということで、食後に服用してしまうと40%も吸収率がおちてしまうそうです。

指導の際には、日中の症状がひどい人には起床時に、夜間の症状がひどい人には寝る前に、といった飲みかたがいいようです。また蕁麻疹などが頻繁に起きる人などは、「蕁麻疹の予兆があったらすぐに服用してください。」などと頓服で使用されることもあるようです。

アレジオン錠の食後服用は?

ちなみにアレジオン錠は食後服用だと吸収が20%おちるようですが、なぜかこちらは食後服用も認められているようです。アレジオン錠も患者さんへの指導の際には空腹時を指導したほうがよさそうです。

服用後45分後には効果があらわれてきて24時間効果が続くというビラノア錠ですが、まだ自分では試したことがないので何とも言えません。きっと朝出勤前に飲むと効果的なんでしょうね。また眠気もほとんど無いようで車の運転制限などもないのが良いところです。

新薬なのでまだ14日分しか処方できないところがたまにきずですが、これからアレグラ錠に変わって鼻炎の主流薬となっていくのでしょうかね。個人的には鼻水が止まらない時はリンデロンA軟膏を鼻の中に塗ると収まってきますので愛用していますが、それでも止まらないときはセレスタミンを飲んで眠気と闘うことになります。。。

50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

50代の薬剤師は「なぜ調剤薬局に転職したほうが良いのか?」この疑問を現役で調剤薬局で働いている薬剤師のたかひろが自信の経験をもとに転職を無料にてサポートする記事です。50代の薬剤師で転職の希望がある方のみ読んで下さい。

人気記事【勉強】調剤薬局薬剤師が絶対登録すべきサイト【3選】

人気記事50代薬剤師が調剤薬局へ転職するための完全ロードマップ【無料でサポート】

PAGE TOP